私たちの歩むいっぽいっぽがまわりの誰かの幸せにつながっていく。 そんなちいさなお手伝いをしたいです。


【EVENT NEWS】

場所:te-ra BRIDES COLLECTION(要予約)  

2018/06/17

ホテルで叶えるクリエイティブな結婚式「TREFLE-BLANC」



みなさまこんばんは
いつもシュシュブライダルのブログをご覧くださり
ありがとうございます


本日の話題は こちら



シュシュブライダルが 
クリエイティブユニット「TUMIKI」とタッグを組んで

新郎新婦のお二人と
お二人の大切なゲストへお贈りする

TOLEFLE-BRANC(トレフル ブラン)

についてご紹介したいと思います。



いつもは
普門園のお手伝いをすることの多い私ですが

先日
初めてトレフルブランの披露宴を
お手伝いさせていただきました

トレフルブランが

オンリーワンの世界観を作り出せる

というのはもちろん知っていましたが

私が体験してみて一番感じたことは

ホテルの総合力というよさも
兼ね備えている

ということでした


クリエイティブな空間づくりには
自由さが必要なため
あまり「決まりごと」のない場所を
探して選ぶことがあります

少々アクセスが不便であったり
暑さ寒さを我慢していただいたり
待つ場所がなかったり

それさえもすべて
楽しみに変えられるような
考え方ができることが
けっこう重要だったりします


しかし ここ トレフルブランは
ホテル内にあるので

ホテル玄関には車寄せがあり
雨天でも車の乗り降りに困ることはなく

1階には広々としたロビー

ベビーカーの方も車椅子の方も 
自由に 行き来できる バリアフリー

更衣室、ブライズルーム、親族着付室などの控室の充実

ご集合時間よりも かなり早くいらしたご親族でも
お待ちいただける 会場前の待合スペース

宿泊施設 レストラン
お荷物をお預かりするクローク

等々

自由 と 安心

を兼ね備えた 珍しい空間

だと感じました


さて

披露宴前日は深夜まで

クリエイティブチームとプランナーが設営

魂を込めて空間づくりの仕上げを

おこなって 当日を迎えました




披露宴会場に入った瞬間の
ゲストの皆様の
「わぁ~~~~~♡」
という感嘆

まずは 会場コーディネートの
撮影会が自然に始まりました

「二人は普段からオシャレ」
ということを よくご存じのご友人の皆様も
この会場には
想像を超えたよ…という表情

想像を超えるという
記憶の贈り物ができて
よかったですね

末永くお幸せに♪


岩崎








2018/06/14

私たちにできること



皆様、こんにちは!

シュシュブライダルのブログに、
訪問いただきありがとうございます。

6月半ば、毎日快晴続いていてとても気持ちが良いですね^^♪


梅雨は終わったのかな…と空を毎日見上げる私ですが
来週から梅雨入りが始まるそうです…。

気候の変化にお気をつけてお過ごしください。

さて今回は先日行ったミーティングについて
綴りたいと思います!


シュシュブライダルでは
様々な分野でミーティングを行っています。



例えば、プランナーが集まり
結婚式についてその日お手伝いしたスタッフで振り返りをします。

より良い結婚式を創り上げていきたいという想いで
良かった点や改善点を話し合います。

今回は秋に予定をしている結婚式に向けて
意見を出し合いました。


     ・お二人はどうしてその場所での結婚式をお考えなのか   
     ・どんな結婚式にしたいのか          
     ・そのために私達ができる事は何か
     ・お二人のこだわりをどう結婚式というカタチにしていくか 等


一人では解決できない事も大人数で話し合う事で
多くの意見が集まり、より良いものを見つけ出す事ができます。

多くの意見が集まる事で自分も新しい発見がうまれます。
その発見を結婚式の中でカタチにする事が大切だと感じました。







私はまだ入社して2ヶ月ですが、ミーティングをしていく中で
お二人の結婚式のお手伝いができる事をとても楽しみにしています^^




お二人の結婚式が素敵な1日になりますよう
心を込めてお手伝いします。


~ 野間 ~





2018/06/13

トレフルブラン「gallery wedding」

みなさんこんにちは。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

本日はトレフルブランの会場風景をみなさまにお届けします(^^)

今回のおふたりはとっても趣味や考え方が似ているお二人
アンティークなもの、クラシックカー、お洋服やインテリアが好き。
ウェディングケーキ、指輪、ウェディングロゴまで
ご自身でデザインができて、絵に起こせる方。

おふたりがトレフルブランに決定した1番の要因は
「自分たちがイメージした会場が1から創れること」


専属のデザイナーと打ち合わせをして作り上げた会場


おふたりがデザインしたもの、お写真をフレームに納めて、
額に飾ったように見える会場デザイン
「gallery wedding」

当日出来上がった会場を見たおふたりも
納得の仕上がりになりました!

結婚式の内容レポートはまた後日!
お楽しみにお待ちくださいね!



トレフルブランでは、専属のデザイナーが
おふたりの趣味、生い立ちなどをヒアリングし、
完全オリジナルの空間デザインを創り上げます。

装飾にこだわりがあって、すでにイメージができている方も、
漠然と自分たちだけのものがいいなって考えている方も
デザイナーが丁寧にヒアリングをさせていただき、
納得のいく装飾を叶えます。

少しでも興味持たれた方は
ぜひご連絡くださいませ。
お待ちしております(^^)

〜kimata〜









2018/06/11

6月9日 普門園の結婚式

みなさまこんにちは。
ブログへのご訪問ありがとうございます。

今回は普門園にて おととい行われた結婚式の
速報レポートをお届けします^^。


お二人のこだわりポイントは、食とコミニケーションでした。
そのこだわりは受付の段階から始まっていて、
そのお品書きがこちら!!

☆席次表を入れた筒の中に、キャンディーをしのばせて☆

☆お二人こだわりのお菓子詰め合わせでお菓子撒き☆

☆お二人ゆかりの土地のお菓子で駄菓子ビュッフェ☆

☆ジュースサーバーには女性ゲストが喜ぶフルーツウォーターを☆

☆和婚ならでは、みたらしドリップ☆

☆お見送りはCMでお馴染み美味しいお米をプチギフトに☆

etc・・・

こうやってまとめると、いろんなシーンで、
食を通した心配り溢れるおもてなしが感じられますね。

*お二人でコーディネートされた駄菓子ビュッフェコーナー


もうひとつのこだわり、コミニケーションについて。
お二人のゲスト様は日本各地、
遠方からお越しくださった方が多くて、
皆様と少しでも多く会話ができるよう、
披露宴の前半は、ほぼお二人ご一緒にいませんでした。
それぞれのゲスト様のテーブルへ向かわれ、
お二人、自由行動。

新郎新婦が常に一緒にいなくてもいいんです。
お越しくださった方たちと語らう時間、大切です^^。

そしてこちら
*before
はじまりはウェルカムボードとして。


その後、
*after

ナフキンフラワーとしてお席にあったお花、
このナフキンフラワーを全員で
リースに装飾していただき、オリジナルのウェディングリースが完成!!
ゲスト様全員で素敵に仕上げてくださいました。

参加型の演出は、ご歓談中の会話のきっかけにもなりますし、
このリースはきっとお二人の宝物になることでしょう。



今回のお二人の結婚式、
けっして、余興や演出が多かったわけではありません。

大事にしたいポイントを絞って、
そこをとことん掘り下げ、思いを広げて準備をされました。

それが、ゲスト様との会話のきっかけになったり、
皆で楽しんでいただけることに繋がったのです。

みなさんは、結婚式のかけがえのない時間、
どのように過ごされたいですか?

お二人の思い、ぜひ私たちにお聞かせください。

- writing by Hama -








2018/06/09

「伝え合う」時間を大切にする



皆さま、こんばんは。本日の担当は東です。

今日もシュシュブライダルでは
素敵な結婚式をプロデュースさせて頂きました。
その様子は、また改めて。



さて、シュシュブライダルではここ数ヶ月で仲間が増え
賑やかなチームとなってきたこの頃です。
そんな中私はトレーナーとなる木股チーフと、
新しく加わった野間プランナーが一歩ずつ成長できるよう
後押ししながらの日々を共に過ごしています。


実は私も彼女と同じようにウェディングプランナーになりたくて、
専門学校でたくさんの分野に触れながら土日は
結婚式場の現場に毎週入る学生生活を送ってきました。


基礎知識はもちろん、ブーケをつくったり、メイクを学んだり、
色彩に触れたり、クラスのみんなと模擬結婚式をつくったり…
幅広く触れてきたからこそ人一倍頑張りたい想いだけは強くって、
そんなウェディングプランナーとしてのはじまりを思いだします。



同じような道を辿って、きっと同じように強い想いをもって、
だからこそ想いを自分の中だけにとどめるのではなく、
お客様に結婚式の価値を少しずつ語れるようになってくれたらいいな、
そんな気持ちで先日ある一つの質問をしました。


「これから、どんなプランナーでありたいか」


その問いに対して、こんな答えが返ってきました。





「私は『伝え合う』時間を大切に結婚式のプランニングしていきたい」





その答えに対して私自身ものすごくその言葉に共感を得て、何だかもう既に
お客様想いでこだわりを持つプランナーになると確信してしまいました。




キャリア関係なしに、いい仲間が近くになるとパワーをもらって
私もいい結婚式をつくっていきたい、
そんな気持ちへと引き上げられていきます。

そしてきっと私以外の仲間もそう感じていると思います。




梅雨に入り天気予報チェックと向き合うメンバー達ですが、
晴れでも雨でも、今週から梅雨に入ったとしても、
このメンバーでこれからも引き続きいい結婚式を創り続けていきます*


来週控えている新郎新婦さまも、どうかよろしくお願い致します!





2018/06/07

和婚は「五感」でおもてなしを




ブログをご覧の皆さま、こんにちは。
ご訪問いただきありがとうございます!

今回初投稿させていただきます、プランナーの夏目です。
どうぞよろしくお願いいたします!

今回はシュシュブライダルが専属でプロデュースさせていただいております
「普門園」についてご紹介させていただきます。

興正寺の本堂から少し歩いた場所にある「普門園」。

そこには空の青と森の緑に囲まれた
自然豊かで風情のある特別な空間が広がっています!



 実は、普門園には五感を使って楽しめるポイントがたくさんあります。

例えば、お庭の景色を眺めながら進んでいただく回廊は
目で楽しみながらも、
水の流れる音や風がそよぐ音を常に楽しみながら
過ごしていただけます。




四季折々の季節感もその日の気温から肌で感じていただけます!
ここなら挙式までのお時間も、ゲストとお話しながらゆったりと
くつろぐことができますよね。




こちらは新郎新婦からゲストへ直接「味覚」のお届けもの!
新郎新婦にとってゲストからいただけるお祝いのお言葉は
一生の宝物ですね。


歴史的空間を背景に囲むテーブルでは
よりいっそうお料理も美味しく召し上がっていただけます。
楽しい空間で、ゲストの笑顔も自然と溢れます!


おふたりからの気持ちをゲストに「五感」で受け取ってもらうことで
他にはない特別なおもてなしが叶います(*^^*)


ぜひ普門園にて
一生忘れられない、五感で楽しむ結婚式を!

夏目



2018/06/06

スタッフの関係と、言葉にすること


みなさまこんにちは^^

シュシュブライダルのブログを
ご覧いただき有難うございます!



時々このブログでも話題にあがることがありますが
シュシュブライダルでは
朝礼のあと、平日には必ず
交代制で「最近感動したこと」を
スピーチする時間があります



結婚式のお仕事だからといって
話はいつも結婚式についてというわけではありません


今日のスタッフのお話は
「若いうちは人生で選択に迷ったとき 難しい・苦しい選択を選んできた」
という話でした。


そうすることで得るものや生き方が
大きく変わるという話に、
みんなでうなずきながら
きっとみんな自分におきかえて
なんとなく襟元正される想いになったと思います



新入社員の立場や代表の立場、中堅やアシスタントなど
いろいろな角度から
それぞれが仕事をする上で感じた
ちょっとしたことや深い話には
共感したり、自分にはない考えで驚く発見もあります


シュシュブライダルという組織は
それほど大きな組織ではありませんが
年齢・これまでの経歴や現在の立場など
公私ともにそれぞれが全く違った生き方をしています


お仕事上の会話だけではわからない
普段考えていることまで吐き出すことによって

お互いのことがもっと分かったり、
普段みえない優しさに気づいたり
仕事への熱量があがったり

そうしてわたしたちのチームワークは
高まっていくのかもしれません



なんでもないプライベートの話を
わいわいと話すこともありますが、
それはそれでその人のことが
もっと知れたようで楽しかったりもします^^




このブログも、みていただいている方々に
わたしたちの想い、どんな人間か
伝わる手段のひとつとして

読んでいただく前よりも
もっと身近な存在になれたらいいな・・なんて
考えています^^




結婚式でいうと
新郎謝辞や新婦手紙ですね

私ごとですが
来月結婚式を控えており
どんな手紙を書こうか迷っている最中です

このお仕事をしているからこそ
言葉にしてはじめて伝わるんだと思う事が
たくさんあります

ありがとうやごめんねはもちろんですが
私はこんなに幸せです
自分の大事な人たちが私は大好きです
そしてそれは二人に育ててもらったから・・

そんなことを家族にも伝えられたらいいなと思っています

(ブログに書くほうが簡単なんですよね・・)




さて、新スタジオはまもなく完成です♪
今日はすこしだけお見せします^^





とっても可愛い仕上がりに早く
たくさんの方に利用していただきたいです♪

(すりガラスがよくみるとお花の模様で女子スタッフ一押しです)


また完成したらのせますね!

最後まで読んでいただき有難うございました♪



毎日フェア開催中です
フェア情報・ご相談はこちらから

http://www.fumon-en.com/event.php




2018/06/01

1番最初のおもてなし



皆様、こんにちは!

シュシュブライダルのブログに訪問
していただき、ありがとうございます。

今日から6月に入りましたね^^


まもなく梅雨寒の日が続きますが皆様、

体調に気をつけてお過ごしくださいね。

さて本日は國立さんの ペーパーアイテムの紹介に引き続き

野間が『1番最初のおもてない』を、お伝えさせていただきます。


招待状は結婚式当日参列してくださる
ゲストの方への1番最初の ”おもてなし” です。

例えば招待状をお二人のテーマにちなんだデザインにする事で
参列されるゲストの方が招待状を手にされてから「どんな結婚式かな」
想像をして期待やワクワクが止まらないものなのです。

テーマにちなんだデザインとは例えば、
結婚式を挙げる季節の、お花がのっている招待状や
和をモチーフにした招待状、または洋風で華やかなデザイン等に
する事で、よりゲストの方にイメージがつきやすいと思います。

ですが結婚式には決まりがありません。


例えば和をテーマにした結婚式だから招待状も和をモチーフにした物に

しなければならないと決まりはありません。
お二人のこだわりや好きな物を招待状にするのも良いですね^^




また、より想いを届けるために招待状を発送する近い日にちに、
ご友人に会う予定がある方には直接手渡しする方が友人の方にも
より喜んでいただけると思います。

人生の中で結婚式という特別な日に、直接目を見て
来てほしいと言われる事はとても嬉しい事だと思います!
招待する本人もその時の感情を素直に伝えられると思います。

もちろん招待状を、招待する全員に送ることは難しいので
一つ一つ思いを込めて宛名を書いていただき送る事が大切です。

招待状は結婚式に来てくださるゲストの方に、
1番最初に手に渡るものだからこそ大切なものだと思います!

お二人の想いやこだわりを込めて選んでいただきたいです。


シュシュブライダルでも和のテイストの招待状から
洋風なデザインまで豊富に揃えています^^







私達シュシュブライダルのプランナーと一緒に、
お客様のこだわりと想いを見つけていきましょう!

ぜひご相談ください^^

野間




2018/05/31

「和」のペーパーアイテム、揃ってます。


みなさま、こんにちは。
今日から6月がスタート。
名古屋も今週来週くらいには梅雨入りの発表がされそうですが、
結婚式がある日はどうか晴れて、、、と心から思っている、
国立が本日のブログをお送りします。

今日はCHOU CHOU BRiDALのパートナーさんのひとつ、
「アズマドウ」さんをご紹介させて頂きます。
「アズマドウ」さんは、大府市にある、和のペーパーアイテム専門店さん。
ペーパーアイテムには招待状や席次表、席札などがありますが、
“和”のデザインは以外に少ないもの。

ただ、和の会場での結婚式や、和装を着る結婚式、和をテーマにした結婚式なら、
和風のペーパーアイテムを使うのもおススメ。
特に「招待状」はゲストが最初に手にするものですので、
それを見て結婚式を想像したり、ワクワクしたりして、当日を楽しみにしてくれたら嬉しいですよね。



  


アズマドウさんでは、“普門園”オリジナルのペーパーアイテムも。
普門園の「赤綱」デザインの招待状はカラーも赤色と紺色が選べて、
和をかんじさせる落ち着いた雰囲気の紙質や、
”凛”とした雰囲気がとっても素敵な招待状です。




 また、ちょっと趣向を凝らしたアイテムなら、“落款印席札”もおススメ。
落款印が席札ホルダーになっているんです。
ゲストのお名前の落款印をプレゼントすることもでますし、
演出として印鑑を押して貰うようなイベントを取り入れても。
昨年お庭で紙飛行機大会をした時も、
自分の飛行機に、この落款印を押して飛ばしてもらいました!



いろいろなアイテムがあるアズマドウさん。
シュシュにもサンプルを展示していますので、ぜひ見に来てくださいね。

他の会場様で結婚式を挙げられるお客様も、
ペーパーアイテムや引出物のみのご注文もお受け出来ますので、
サロンへお電話でご予約の上、ぜひ遊びにきてください!